車は生活を支える存在

自分の乗りたいと思う車はライフステージによって変わるのだということを実感しています。
私は現在独身なのですが、今までは車はあくまで単なる移動手段として捉えていて、燃費や維持費などだけを重視して乗ってきました。
しかし恋人ができ、結婚を意識し始めてから新たな車を購入したいと考えるようになりました。

仮に結婚したとして2人で過ごす間はいまの車でも問題ないのですが、子どもが生まれたり、親戚付き合いが増えることなどを考えるとある程度の人数が乗れることや多く人を乗せてもしっかりと走る馬力があるという面も重要になるのではないかと思うのです。

このような視点は最初に車を買った頃にはまったく頭にありませんでした。
軽自動車というコスト面に優れた車が存在するのに、大きな車に乗ったりするのは単なる嗜好の問題だと思っていましたが、一概にそうとは言えないようです。
また自分の視点からだけでなく、家族それぞれの視点から使いやすいという部分も重要になってくるのだと思います。

奥さんが使うときにはもしかすると、荷物が多く載せられることであったり、小物が置きやすいことであったり、あるいはソファーの質などが大事かもしれませんし、子どもも広々としたスペースを求めるかもしれません。
これから先もその時点で最適な車というのが存在するはずで、それに合わせて買い替えることを考えていきたいです。
車は単なる道具ではなく、人の生活を支えるインフラのような存在なのだと思います。

一括査定で車を高く売ろう!

愛車を売るなら高く売りたい!そう誰もが思うはずです。
買取り価格はどこも一緒だろうと思って、近所の中古車店に売ろうとしていますか。
ちょっと待ってください。その前に一括査定に依頼してみませんか。一括査定を利用すれば高く売れるかもしれませんよ。

一括査定の流れ
一括査定とは読んで字のごとく、あなたの車を買取り店数社が、一括で査定してくれるネット上のサービスです。
あなたが買取り店1軒1軒に依頼しなくてよいのです。
一括査定の簡単な流れを説明しましょう。一括査定サービスを行っているカーショップに、必要事項を登録します。
有名どころではカーセンサーがあります。現在乗っている車種名、走行距離などを記入します。
その際に、査定を依頼したい買取店を数社選びます。後日、依頼した買取店から査定日に関する連絡があります。
この連絡は、早ければ一括査定に登録したその日にあるでしょう。その後、打ち合わせをした日に査定員に査定してもらいます。
買取額はその場で提示してもらえることが多いです。希望の買取額であれば、契約成立となります。これが一括査定の大まかな流れです。

覚えておくとよい点
高く売るコツは、数社で比較して高額提示のお店を選ぶことです。
そのためには、一括査定に登録する際に、1社以上に査定を依頼しましょう。
1社では買取額を比べることができませんので非常に不利になります。
また、査定を依頼する際には、同じ時間帯に全ての査定員に来てもらうとよいです。
そうすれば、時間の節約にもなりスムーズに査定や買取額の比較、そして契約までを済ませることができます。

中古車購入!ネット通販で買うメリットとデメリット

近年、中古車をネット通販で購入する方が増えてきました。
カーショップ専門店のサイトから、またオークションで個人からも購入できます。
ネット通販で購入する際のメリットとデメリットを見てみます。

メリット
メリットの1つは、購入する車の選択肢が広がることです。
ネットで検索すれば、全国各地の車を閲覧することができます。自宅近くの中古車店に置いていない車でさえ、購入することが可能になります。
中古車店で希望の車種を見つけても、色が好みに合わない、エアロパーツがあったほうがいいというような場合があります。
ネット通販であれば、自分にとって「これだ!」と思う車を見つけることができます。
旧車やレアな車を探している人にとっては、なおのことネット通販のメリットは大きいです。
取り扱い店舗が限られているため、ネットで探すほうが見つけやすいからです。

デメリット
デメリットは、現物を見れないことです。
現物を見るのとそうでないとでは大きな違いがあります。現物を見ると外装・内装ともに小さな傷や染みを自分の目で確認できます。
いいなと思った車でも現物を見て、やっぱりやめておこうというケースが出てきます。
一方、現物を見れないと細かいところまで確認できません。ネットで見た画像と販売員の確認だけになります。
当然ショップの販売員も車の状態をよく確認していますが、見落としている可能性もあります。
納車後に傷を見つけ、それが原因でトラブルになる場合があります。
それで、ネット通販で購入する際には、車の状態をよくチェックしてもらえるよう、販売員にお願いするようにしましょう。

実は車に乗れません。

車は欠かせないものになってきましたね。
私は田舎に住んでいるのですが、私の小さい頃は主婦は車を運転しない人もいました。
今ではほとんどの人が当たり前のように車に乗っています。
でも私は実は運転はしていません。

不便じゃないの?と言われれば、それは不便ではあります。
田舎と言っても大きいお店は近くにありますし、電車やバスも近いのでどうにかなるのはなります。
元々自転車に乗ったり歩くのも好きなので、車に乗り慣れてない分凄く不便とまでは感じません。

実は運転免許所は持っています。
その上で何故乗らないのかと言うと、車を運転している時に後ろから追突されたことがあります。
私は赤信号で停車していただけなので、何も過失はありません。
でもそれ以来どうしても運転する気にはなれず、乗れないままです。

車に乗らないから事故に遭わないのかと言われればそれはないのですが、怖いなと感じます。
自分だって一歩間違えれば事故に遭わないとは言えないし、元々が凄く小心者なので運転には向いていないかなと思っています。
また本当に運転しないと困るようなことがあれば、運転しようとは思いますが、今はその事故での恐怖を和らいでいった方が賢明かなと思います。

車は便利ですね。
寒い日や雨や風が強い日でもお構いなく運転出来るので、乗れる人は乗った方がいいです。
今は燃費がいい車や、お洒落な車や、色のバリエーションも増えていいですよね。
またいつか乗れる日が来たら、お気に入りの車をみつけて乗りたいです。